2005.07.20

アルディレス解任

今日は東アジア大会の代表発表とどっちを書こうかなと思ったんですが、よりエスパルスに関係のあるこちらをチョイスしました。

通称HOT6と呼ばれる7月の6連戦に入って大敗が続き、その去就が注目されていたヴェルディのオジー。社長の連戦中の解任はないという言葉もあり、動きがあるとしたら次節終了後かなと思っていましたが、今日解任が発表されました。天皇杯で優勝し、今年は飛躍の年になるのかなと思っていたんですが、思わぬ方向に進んでしまい残念な気持ちもありますが、この5試合で23失点(ちなみにエスパはリーグ戦17試合で18失点)、2分け3敗では致し方ないでしょう。それでも、エスパルス、横浜、ヴェルディと日本で指揮したチーム全てにタイトルをもたらした実績には変わりありませんし、またいつか日本で活躍する姿を見れたらなと思っています。

ちなみに暫定ではありますが、後任は去年エスパルスの指揮を執った石崎さんです。エスパルスではチームをうまくコントロールできず、わずか半年で退任となってしまいましたが、今回はチームが立ち直るきっかけを与えられることを期待しています。

| | Comments (128) | TrackBack (0)

2005.06.15

神戸、今季2度目の監督交代

健太監督の下、少しずつではありますが復活への道を歩んでいるエスパルスですが、一方でなかなかチームの方向性が定まらずもがき苦しんでいるチームもあります。それが神戸で、ナビ杯も6連敗といいところなく予選リーグ敗退となってしまいました。その神戸が今日、監督交代を発表し、5月に就任したばかりのレオンからその5月までコーチを務めていたパベル氏へとバトンが引き継がれることになりました。

わずか1ヶ月での監督交代とは驚きでしたが、さらに驚きなのがこの時期ですでに監督交代が2回目になることです。これまでの2人が元エスパルスだったので気にはなっていましたが、ここまでくるともはや終わっていると言うしかないのでしょうか。どんなに低迷してもある程度の期間は監督を固定しないと立て直せるものも立て直せなくなってしまうと思いますし、今回の神戸の人事は開幕当時の人事に近いものに戻すというものでよけいに?マークが頭をよぎります。

こんな迷走劇を繰り広げている神戸ですが、エスパルスも一度最下位に沈んだときに健太を解任していたら同じようなことになっていた可能性もあるだけに他人事とは思えません。それだけにエスパルスがこんなことにならないように1サポーターとしてフロントの動きにも目を光らせなければと思っています。

| | Comments (431) | TrackBack (0)

2005.03.06

カズも開幕戦で13年連続ゴール達成

昨日の開幕戦でノボリがいきなり13年連続ゴールを達成しましたが、今日の神戸×セレッソでもう1人の記録保持者だったカズもゴールを挙げ、こちらも13年連続ゴールをあっさりと達成し、ノボリの方は文字通り「一足お先に」という形になってしまいました。

ここ最近の国内サッカー界は去年のアテネオリンピックの影響もあり、どうしても若手にスポットが当てられることが多く、僕自身も今好きな選手は誰?って聞かれたら「浩太」と答えてしまいますが、その中でいわゆるドーハ組の2人が相次いで偉大な記録を達成したのはうれしい限りです。僕がサッカーを本格的に見だしたのは93年の2ndステージくらいからという流行遅れなミーハーだったりするんですが(爆)、その頃からがんばってる選手も数少なくなってしまいましたし、それでもまだまだ第一線でやっている選手たちには尊敬の気持ちでいっぱいです。カズなんか若い頃は憎たらしいとしか思ってなかったんですがね…。

そういえば、同じくドーハ組の中山も磐田サポの両親によると調子がいいそうで、実際昨日の横浜戦でもスタメン出場を果たしていましたし、あと1ヶ月後に迫ったダービーでは久しぶりにノボリ×中山という構図で盛り上がったらいいななんて思ってしまいました。そして、ノボリにはそこで一気に調子に乗ってもらって、秋田に奪われた最多出場記録を再び手にしてほしいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.28

中田浩二のマルセイユ移籍

もうあちこちで語られているこの話題ですが、日本サッカー界に難題が示されたなという感想を抱きました。日本のサッカーがまだ発展途上ということを考えると、これから海外への進出を考える選手は間違いなく増えていくはずです。川渕キャプテンもいろいろ考えているようですが、今回のようにせっかくお金をかけて育てた選手がどんどん流出してクラブの体力が弱るばかりですし、日本国内だけではなく世界を考えたシステムを構築していかなければならないなと思いました。

とはいえ、海外と同じような早い時期からの契約交渉とか有力選手は長期契約は当たり前というシステムを導入するだけでは年俸の高騰を招くことは間違いないでしょうし、そこから今の日本にあったシステムを作るのはかなり難しいことだとは思います。でも、だからといってもう先送りにできるような状況でもないでしょう。まずは川渕さんに新しいシステムのたたき台を出してもらって、そこから議論ができるようになればなと思います。今回の鹿島の損失が日本サッカーにとって無駄なものにならないことを本当に願います。今はエスパルスにとっては遠い世界での話ですが、将来復活したときには他人事ではなくなる可能性もありますから…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.06

能活は磐田へ

来シーズンのJリーグ復帰の希望が伝えられ、エスパルスも獲得に動いていると言われていた能活ですが、残念ながら今日磐田と仮契約を結んだそうです。

正直、能活は手を挙げたチームの中で最も優勝に近いチームを選ぶと思っていましたし、磐田は長年GKに弱点を抱えており、かなり強くプッシュしたことは想像に難くないので、ある意味予想通りの結末だったのではないでしょうか。それでも清水出身のスターの1人ですし、観客動員を増やす力も持った選手だと思うので、磐田に持っていかれてしまったのはとても残念です。とはいえ、エスパルスは真田さんが引退してしまいましたが、黒河、西部とJリーグでレギュラーとしてやれるGKを2人も抱えていますので(西部は今後の交渉しだいですが)、この2人が切磋琢磨してより高い次元でのレギュラー争いを展開してくれたらなと思っています。

来年のダービーは能活へのブーイングがすごそうだな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.14

J1とJ2、下部リーグの差

エスパルスは昨日の天皇杯4回戦で大宮にいいところなく0-1で敗れましたが、昨日、今日とで行われた天皇杯4回戦ではエスパルスの他にも柏、新潟、セレッソ、神戸、広島、市原と計7チームがJ2、JFL勢に敗れ、初戦敗退となりました。

エスパルス戦以外は試合を見たわけではないのでどういった試合展開だったかは分かりませんが、この結果を見る限りやはりJ1とJ2やJFLとの格差が大分小さくなってきているなという印象です。確かに市原を除けば、敗れたのはJ1のリーグ戦で下位に低迷しているチームがほとんどですが、J1勢が勝った試合を見ても数年前は5-0とか大差がつく試合が多かったのに、今年は名古屋×Honda FCの3点差が最大なのも格差の縮小を裏付けているのではないでしょうか。

おりしも来シーズンはJ1が18チームに拡大されます。1試合の結果で全てが分かるわけではありませんが、今シーズンのJ1下位チームが軒並み敗れたことを考えると、J2からの昇格チームを含めて今年以上の混戦模様になり、賞金圏内の争いとなると最後まで分からないスリリングな展開になりそうな気がします。エスパルスも今シーズン、史上最悪と言っていいシーズンとなってしまいましたが、オフシーズンの間にしっかりとした建て直しができれば、優勝争いはともかくとしても賞金圏内なら十分狙えると思います。そのためにも、まずは一刻も早くJ1残留を決め、来シーズンへの体制作りを早いうちからできるようにしてほしいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.27

地震の恐怖と戦う新潟

今週末の柏戦を開催できるように努力していた新潟でしたが、今日も震度6強の余震が起きるなど、余震が続いていることもあり、延期が決定しました(Jリーグ)。

いろんなblogサイトを見て回ってもこの試合の開催には賛否両論ありましたが、僕としては阪神大震災の時にブルーウェーブの戦いぶりが被災者に勇気を与えているのを見ていたので、新潟でも同じようになればという想いがあり、是非開催してほしかったんですが、ビッグスワンの駐車場で自衛隊が炊き出しをやっていることや(asahi.com)、もし今日のような余震があったときのサポーターの安全のことを考えると仕方がないことなのかもしれません。

現時点では延期日程は未定となっていますが、試合をすることによって復興へのアピールにも繋がると思いますし、できるだけ早く試合をできる状況になってくれればなと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.16

ナビ杯決勝チケット明日発売

エスパルスは雷雨の準々決勝でヴェルディにVゴールで敗れ、その夢は途絶えてしまいましたが、明日は11月3日に行われるナビスコカップ決勝の発売日だそうです。そして、早くもチケ取りのための行列ができていました。

僕が見たのは西武新宿のチケットぴあでしたが、浦和サポとおぼしき方が10人くらい並んでいました。ただ、あそこは駅の構内で終電が終わるとシャッターが閉まるはずなので、今頃は一旦外に追い出されているのではないでしょうか。今の時期、夜はかなり冷え込みますし、並んでいる方は週末のリーグ戦観戦に悪影響を及ぼさないように体調管理には気をつけてくださいね。って、ここを見ている方で今並んでいる人は皆無ですよね(苦笑)。

うちもこの並びに参加できればなぁ…(遠い目)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.09

またまた台風接近中

ついこないだ台風21号が過ぎ去ったと思っていたら、今度は台風22号が接近してきました。今年はすでに史上最多の8個の台風が日本列島に上陸していますが、今回の22号も上陸することが濃厚で、さらに記録を塗り替えることになりそうです。

さらに、台風22号はJリーグにも影響を及ぼしています。明日は瑞穂と味スタでナビスコカップの準決勝が行われる予定でしたが、台風が試合時間帯に最接近することが予想されているため早くも延期が決定されました。味スタの方は当初、京王線の運転状況によって開催が決まることになっていましたが、京王線はこの手の自然災害にめっぽう強いのであまり参考にならないですし、観客の安全を考えても延期というのは賢明な決定だったと思います。瑞穂は11日、味スタは13日と分散開催となり、特に味スタは平日ナイターと厳しい条件になってしまいましたが、僕はちょうど仕事が休みの日になったので、寂しくなるであろうスタンドを少しでも埋めるべく観戦してこようかなと思っています。

また、鈴鹿で行われているF1日本GPも明日のフリー走行、予選等全てのスケジュールが中止となりました。今年は佐藤琢磨の走りによってかなり多くの観衆が見込まれていただけに残念ですが、危険なスポーツですし、その分日曜日に熱戦が繰り広げられることを期待したいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.22

Jリーグ各クラブの経営は?

プロ野球ではブルーウェーブとバファローズの合併によって球団経営についていろいろ報道されていますが、JリーグでもJ1、J2に所属する27クラブ(神戸は民事再生法適用による未決算のため対象外)の03年度の経営状況を示すデータが発表されました(ニッカン)。

Jリーグではこれまでも毎年このデータを発表していて、現在02年度のデータがこちらで公表されていますが、今日発表された03年度のデータによると黒字のクラブが23まで増え、慢性的な赤字に苦しんでいるプロ野球とは逆に経営は健全化されつつあるようです。

また、現在は全体のデータとして公表され、各クラブ毎のデータは公表されていませんが、来年からは各クラブ毎のデータも発表することを検討しているようです(ニッカン)。反対意見もあるようですが、経営危機を体験しているエスパルスサポーターからすればクラブがどのように経営されているかは非情に気になるところですし、是非実現して欲しいなと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)