2005.07.24

紙一重の差

ひそかに夏風邪をひいてしまい、水曜は会社を早退、木曜、金曜と寝込んでいたにも関わらず、今日は普通にエコパに行ってしまいました。しかし、試合は田中マの1点が最後まで響き、0-1で長らく続いていた対浦和のホームでの連勝記録が途絶える結果となってしまいました。

前半はエスパルスにも惜しいチャンスが幾度となく訪れていました。それを決めきれなかったエスパルスに対し、後半の早い時間帯のチャンスをしっかりモノにした浦和。その差が結果として現れただけでサッカーとしては決して劣勢だったとは思いません。現在暫定3位の浦和と11位のエスパルスの差がほとんどないのを実感し、今のJ1の混戦模様がうなずける試合内容だったと思います。逆にいえばエスパルスと下位チームとの差もほとんどないわけで、今後ちょっとのことで賞金圏内まで上がるかもしれませんし、逆に残留争いのがけっぷちに立つ可能性もある怖さをつくづく感じました。また、現地では穴沢主審のジャッジが浦和寄りにも感じられましたが、贔屓目に見てますし、ピッチの遠いエコパですから評価は保留ということにしておきます。でも、少なくともO氏やK氏よりはストレスは感じませんでしたし、アナザーワールドなんて呼ばれていた今までの散々な評価よりはよかったとは思っています。

結果的に対浦和3連戦の初戦を落としてしまいましたが、タイトルどおり紙一重の差だったと思いますし、それほど落胆はしていません。ここのところ2点以上取る試合が増えていることで多少の過信もあったのかもしれません。こここで気を引き締めなおせれば今日の結果も無駄にはならないと思いますし、次の日本平では成長したエスパルスを再び見せてくれればなと思っています。

ところで、今日16時30分ころ、関東地方で最大震度5強の大きな地震がありました。僕はそのころすでにエコパにいたので当然無事でしたし、死者も出ず、自分の身の回りにも被害がなかったのが何よりの幸いです。ただ、地震の第一報を聞いた直後に横浜の実家に電話をかけようとしたら混み合って通じなかったり、首都圏の交通が一時マヒ状態に陥ったのを見ると、相当の混乱があったのは容易に察しがつきますし、地震がもっと大きなものだったらと思うとぞっとします。個人でできることには限界はありますが、日ごろの生活の中でできる対策はできる限りして、万が一に備えなきゃなと改めて思い直しています。

| | Comments (211) | TrackBack (2)

2005.07.18

3→1→0→1

ラスト数分でめまぐるしく動いた昨日のガンバ戦ですが、一夜明けてやっぱり勝ち点3を逃したという印象が強いなと感じています。ガンバの強力攻撃陣に押し込まれる時間が長く、ニッカンのHPを見ても支配率が64-36、シュート数も27-8という状況の中で、後半43分まで必死に耐えていただけにここからの2分間が悔やまれます。しかし、2回もガンバに点を取られた直後にすぐに取り返せたというのが去年までとは違う部分だったのではないでしょうか。また、最後の数分の訳のわからない時間帯に登場したのにも関わらず、落ち着いてテウクの同点ゴールのアシストを決めたノボリはさすがとしか言いようがありません。これまでの試合でもノボリが入るとボールが落ち着くようになることが多かったですが、伊達に350試合以上出ていないなと思います。

とはいっても、好調ガンバとのアウェー戦で一度は逆転されながらも、最後の最後で同点に追いつく意地を見せ、引き分けに持ち込めたのは大きいのも確かです。昨日は関西での印象がよくないだなんて書きましたが、今シーズンに限って言えば、まだ無敗なんですよね。サッカーはこういう気持ち的な部分が大きいスポーツですし、これを来月のセレッソ戦に持ち込んで長居では勝って帰ってきたいです。

さて、今日はこちらへ行ってきます。本場のお笑い初体験です。新喜劇なんかはテレビでもよく見ていますが、それを生で見られるのが楽しみです。昨日は心から笑うことができなかったので、今日は大声で笑って明日からの日常への活力にしたいと思っています。

| | Comments (277) | TrackBack (0)

2005.07.17

大阪到着

先週の神戸戦に続いて2週連続の関西遠征にやってまいりました。先週は車での貧乏遠征でしたが、今回は連休が取れたこともあって、新幹線での1泊付きの豪華遠征です。これから阪神百貨店でいか焼きと何かで昼飯を食した後、ホテルへのチェックインを済ませてから万博へ向かいます。

水曜の東京戦は得点の臭いを全く感じず、いいところなく敗れてしまったエスパルスですが、今のエスパルスは3歩進んで2歩下がりながら成長をしていっている最中のチームですし、中にはそんな試合もあることも確かです。しかし、実際にそんな試合を見せられれば頭にくるのも当然ですし、ストレスも溜まってしまいます。ガンバは目下絶好調ですし、アラウージョも恩返しの活躍をしたいと思っているはずで、かなりの強敵になることは確かです。リーグ全体を考えればガンバが勝って鹿島に食らいついていく方が盛り上がるんでしょうが、1エスパルスサポーターとしてはそんなことを考えているわけにはいきません。関西で弱いという印象もありますが、アラウージョ、大黒の2トップをしっかり止めて、神戸戦同様の遠征に来て良かったと思えるような試合に期待したいです。

| | Comments (144) | TrackBack (0)

2005.06.17

後半戦の日程発表

対戦カードだけが発表されていた後半戦の日程ですが、今日、開催地とキックオフ時間が発表されました。

エスパルス関連を見ると大宮戦の熊谷、東京戦が国立、柏戦は日立台、ダービーは日本平と噂として挙がっていた通りであまり面白味のない内容でした。でも、ダービーの土曜のナイトゲームというと、どうしてもあのチャンピオンシップを思い出してしまいます。間違いなく満員のサポで埋まる日本平で磐田を完膚無きまでに叩きのめす試合を見たいなと今から楽しみにしています。あとは、初めての会場となる熊谷でしょうか。本当は大宮サッカー場で試合をやりたかったですが、改修中ですし仕方ないでしょう。その楽しみは来年にとっておくことにして、おそらく今年限りとなるであろう熊谷を楽しんできたいなと思っています。

今年は年間観戦数30試合以上を目指して、遠距離アウェーにも積極的に行っていますが、後半戦の日程が決まった今、早い時期から職場への根回しをして残り試合全観戦の勢いでやっていきたいなと思っています。

| | Comments (73) | TrackBack (0)

リバプール戦、正式に中止が決定

リバプールのチャンピオンズリーグ予備戦1回戦からの出場が決まって以来開催が危ぶまれていたジャパンツアーですが、昨日、正式に中止が発表され、エスパルスにとって久々の海外ビッグクラブとの対戦が夢のままで終わってしまいました。

個人的には覚悟は出来ていたのでそれほどショックはありませんが、今のエスパルスがチャンピオンズリーグの王者相手にどこまでやれるのかを見てみたかったので残念でありません。でも、リバプール戦が予定されていた時期はリーグ、ナビ杯と対浦和3連戦のまっただ中ですし、3連勝してさらに上昇気流に乗れるようにしっかりと調整に充ててほしいものです。

ただ、ちょっと気になったのがチケットの払戻期間です。プレシーズンマッチのダービーの週明けから払い戻しスタートというのは関東在住サポへの嫌がらせでしょうか?この払戻期間だと、後援会先行をドリハウで買ったサポは2週連続の水曜ナイターのどちらかに行かなければ払い戻しが出来ないことになってしまいます。これでは払い戻しできない人も結構いそうですし、ドリハウで買ったチケットも郵送で払い戻しできるようになることを期待したいです。

そして、リバプールへ。世界クラブ選手権への参加も過酷日程を理由に渋っているようですが、過去の王者はその過酷日程を乗り越えています。エスパサポや鹿島サポの期待を裏切った以上、世界クラブ選手権とチャンピオンズリーグ、プレミアリーグのをすべて制覇して、今度こそ日本へその実力を見せつけにやってきてください。

| | Comments (115) | TrackBack (0)

2005.06.15

ジェジン、1試合の出場停止が決定

名古屋戦で相手選手に肘打ちをしたとして退場になってしまったジェジンですが、今日正式に1試合の出場停止が決定し、リーグ戦再開となる鹿島戦に出られないことになってしまいました(Jリーグ)。

ジェジンは肋骨の骨折を押して出場していた時期もあるなどチームへの貢献は図りしれませんが、これまでの試合でもいらいらした態度を見せることもあり、そのあたりが今後の課題だなと思っていただけに名古屋戦でのこの行為はとても残念なものでした。それによってチームが受ける影響は多大ですし、今後に向けての糧にしてほしいところです。

正直1人エースと言ってもいいジェジンが欠ける鹿島戦は厳しい戦いになるでしょう。代役は西野か怪我から復帰すると信じたいキタジでしょうか。もしくはテウクあたりを交えた2トップの可能性もあるでしょう。どういった形になるにせよ、鹿島戦は今後のリーグ戦での戦いを占う意味でも重要な試合になるはずですし、代役の活躍で勝利を飾って勢いをつけられることを期待したいです。

| | Comments (1217) | TrackBack (0)

2005.06.13

ナビ杯準々決勝は浦和と対戦

今日はナビ杯決勝トーナメントの組み合わせ抽選があり、グループDを1位で突破したエスパルスは浦和と対戦することが決まりました。1stレグが8/6にホーム(おそらく日本平)で、2ndレグが8/13か14にアウェイ(浦和系BBSで駒場との情報あり)での戦いです。

浦和は正直避けたかった相手の1つでしたが、その理由の1つが駒場のチケ取り問題です。夏休みの週末の開催ですし、埼スタでやれば浦和的にも増収になっていいのにって思うんですが、ナビ杯は駒場でという方針があるようで、今回も駒場が濃厚なようです。そして、4月のリーグ戦に続いてチケ取りには頭を悩ませることになりそうです。

そしてもう1つが日程的な問題です。浦和とは7/23にリーグ戦を戦うことがすでに決まっており、その次の国内公式戦がナビ杯の2試合になるので、3試合連続で浦和と対戦することになってしまいました。これまで飛び飛びでセレッソと3試合やりましたが、それでも「またセレッソ戦か」という感じがあったので、7月~8月は浦和戦に飽き飽きすることになりそうです。でも、これに勝てばダービーになる可能性もありますし、賞金獲得も決定するなどチームの金銭面にとって大きなプラスになるので、何としてでも勝ち上がれるように声援を送っていきたいなと思っています。

| | Comments (406) | TrackBack (0)

浩太は全治6週間

名古屋戦で負傷し、その状態が心配されていた浩太ですが、右足のリスフラン関節の捻挫で全治6週間と発表されました。(オフィシャル)。

倒れてすぐに浩太自身から×が出たということを考えると比較的軽く済んだのかなという印象もしますが、4月のU-20代表の合宿中に痛めたところと全く同じというのが気になるところです。一度痛めたところをまた痛めると治るのに時間がかかるとよく言いますし。

それを考えるとナビ杯準々決勝に間に合うかは微妙なところになってしまいましたが、1日も早い復帰を願いたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.12

ひっそりと更新再開

長らく全く更新していなかったこのblogですが、今日から更新を再開することにしました。

そのきっかけはずばり昨日の敗戦です。最近は仕事も落ち着いてきて、書こうと思えば書けたんですが、観戦記を書けなくなった市原戦から先週の鹿島戦まで約2ヶ月も無敗記録が続いていて、一種の験担ぎとして更新せずにいたのでした。しかし、昨日の名古屋戦で負けてしまったので、この験担ぎもストップすることにしてまたいろいろ書いていくことにしました。

さて、その名古屋戦ですが、雨の消化試合で名古屋サポもほとんど来ていないという悪条件の中でも10000人を突破し、今のエスパルスの試合が面白いんだということがだんだんと広まってきたかなという印象を受けました。そんな日本平で結果こそ出なかったものの内容的には決して劣らない試合を戦ったことは若手選手にとっては大きな経験になったのではないでしょうか。この経験を生かしてまた日本平のピッチに立つために日々の練習に励み、今のレギュラーメンバーを脅かすようになればエスパルスがまた一段と強くなることにつながるはずですし、その日が1日も早くやってくることを願ってやみません。

そして、浩太の怪我が軽いことを本当に願っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.27

現地からお送りします。

市原戦でせっかく今シーズン生観戦初勝利したというのに観戦記も書かず、またまたまた水面下に潜ってしまっていましたが、すべては今日のためだったのです。今、僕は明日の試合に備えて新潟にいます。つまり、今日、明日と休みを取るために寝る間も惜しんで働いていました。そのために更新も我慢の毎日でした。

さて、明日の新潟戦ですが、エスパルスはここ2戦スタメンだった真希に代わって、由紀彦がついに復帰するようです。移籍早々怪我をしてしまい出遅れてしまった分の巻き返しに期待したいです。あとは市原戦と同様のメンバーで臨むようですが、市原戦ではいい形が出ていたと思いますし、明日も引き続き同じ形でできれば勝利が見えてくるのではないでしょうか。

対する新潟ですが、得点はエスパルスよりも多いですが、失点がかなり多く、守備陣が不安定な印象を受けます。GKは元エスパルスの野澤ですが、情けは無用とばかりにがんがん攻めて得点を重ね、ビッグスワンの大観衆を沈黙させてほしいものです。

さて、今年の遠征は「ワンランク上の贅沢を格安で」をモットーにすることにして、ホテルを奮発したんですが、見事に選手と同宿になってしまいました。小心者の僕はどきどき。選手に迷惑かけちゃいけないといつもよりテレビの音量を絞っている自分がいるのでした(爆)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧