« 磐田からFW西野を期限付きで獲得 | Main | 再びドロー沼に… »

2005.04.13

目指せ、駒場沈黙

今月に入って、ダービー、柏戦と内容的には十分勝てる試合で勝ち切れないという嫌な流れでなかなか初勝利を飾れないエスパルス。明日は優勝候補と言われながら調子に乗れず最下位に沈んでいる浦和とアウェー駒場で対戦します。

予定外のFW不足に陥ったエスパルスは磐田から西野を緊急補強しましたが、登録の関係で浦和戦には間に合わないようで、明日は柏戦同様のメンバーで臨むことになりそうです。しかし、一部の噂によるとサブの顔ぶれには変化があるようで、真希のベンチ入りが濃厚なようです。また、枝村や財津が遠征に帯同しているという話もあり、ベンチメンバーが大きく若返る可能性もありそうです。

対する浦和ですが、アルパイがクラブの自主的な出場停止で欠場、闘莉王も怪我ということですが、山田は志願しての戦列復帰で出場してくるようです。とはいえ、ディフェンスラインのメンバーが代わっており、そのあたりの連携ミスに付け入ることが出来れば得点が見えてきそうです。あとは、J's GOALのプレビューによるとエメルソンが万全の状態ではないようですが、田中、アレックス、永井など強力攻撃陣は健在です。とはいえ、今年のエスパルスは守備には自信を持っていますし、柏戦のような単純ミスをいかに減らしていけるかが勝利への鍵となるでしょう。

浦和戦の最大のポイントは駒場での開催ということになるでしょう。エスパルスにとっては21世紀に入ってから駒場で勝てていません。対する浦和にとっては駒場は聖地以上の場所であることは言うまでもありません。そんな駒場でシーズン初勝利を賭けて戦うということでモチベーションもかなり上がってくるでしょう。そして、それは浦和サポーターにとっても同じ気持ちのはずです。しかし、勝ちたいのはエスパルスも同じです。2003年の秋、ナビスコカップ準決勝でとても悔しい思いをさせられ、怒りのエスパルスコールを続けたその場所で、今度は浦和に同じ気持ちを味あわせなければなりません。そのために僕もその気持ちのすべてをぶつけて圧倒的な数的不利に負けない応援をしてきたいと思います。

|

« 磐田からFW西野を期限付きで獲得 | Main | 再びドロー沼に… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/3679332

Listed below are links to weblogs that reference 目指せ、駒場沈黙:

« 磐田からFW西野を期限付きで獲得 | Main | 再びドロー沼に… »