« 新しい大会の始まり | Main | J1とJ2、下部リーグの差 »

2004.11.13

勢いの差

今年から大会形式が変わり、リーグ戦が終わる前から始まることになった天皇杯。エスパルスはホーム日本平に大宮を迎えましたが、エスパルスはいいところをほとんど出せないまま0-1で敗れ、初戦敗退となってしまいました。

ここまでリーグ戦で4連敗中のエスパルスがいきなりいいサッカーをするとは思っていませんでしたが、同じくリーグ戦で10連勝中と勢いに乗っている大宮が自分たちの思惑通りに試合を進めたなと思います。まずは、守りから入ってエスパルスの様子を探り、落ち着いたところで速攻で得点を挙げ、あとは時間を見ながらしっかりと守りつつ、チャンスがあれば追加点を狙うという大宮らしいサッカーをしっかりとやってきていました。エスパルスはこの大宮のゲームプランにしっかりはまってしまいましたが、大宮が守りに入っている時間帯こそ攻め込む場面も見られ、試合終了間際には康平が決定的なチャンスをつかみましたが、フィニッシュの精度を欠き、最後まで得点を挙げることができませんでした。

これで公式戦5連敗、ダービー以来の勝利はまたもお預けとなってしまいました。試合前のゴール裏ではアカペラで「王者の旗」が歌われるなど、サポーターは勝利に飢えています。その一方で、選手達からはその気持ちを感じることができず、それがさらなるイライラに繋がり、スタジアムの雰囲気が悪くなる要因になっているように感じます。この悪循環を断ち切るためには勝つしかないわけですし、次の柏戦はどんなに内容が悪くてもいいので勝ち点3だけを追い求めてほしいです。

|

« 新しい大会の始まり | Main | J1とJ2、下部リーグの差 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/1953382

Listed below are links to weblogs that reference 勢いの差:

« 新しい大会の始まり | Main | J1とJ2、下部リーグの差 »