« 同じ勝ち点3でも… | Main | イチロー、262安打でシーズン終了 »

2004.10.03

ダービー写真日記

04100203.jpg

久々のダービーでの連勝から一夜明け、興奮は大分収まってきましたが、それと反比例するかのように全身が筋肉痛に襲われ始め、別の意味での余韻が続いていますが、そんな興奮に至るまでの流れを昨日撮った写真とともに振り返ってみたいと思います。


04100201.jpg

エコパに着いた時には雨が降ったりやんだりと嫌な天気で、このあとはどうなるんだろうと不安でしたが、時間が経つにつれ雨も上がり、開門も思っていたのより早く一安心できました。写真は入場したときのお出迎えです。この写真はまだ並んでいたエスパルスサポが入場しきっていない時点でのものですが、磐田サポも出足はかなり遅かったです。このあたりにも不調で来場するファンが減っているのが表れているような気がしました。


04100202.jpg

この日はプーママッチということで写真のようなバルーンがピッチの四隅に上がっており、他にもスタジアム正面にはプーマの旗も出ていました。今回がシーズン2回目のプーママッチだったそうなんですが、1回目は大分戦だったのかなと思っていたら横浜戦だったそうです。エスパルスのPuma's Matchは相手もプーマユニのチームのときなので、それを知ったときにはちょっと不思議でした。


04100204.jpg

選手のウォーミングアップまでは子供のキック大会(?)以外はさしたるイベントもなく、淡々と時間が流れていきましたが、応援練習が始まると一気にヒートアップし、気分も高まってきます。そして、選手入場時に磐田側から垂らされた横断幕がこれです。「磐田はいっぱい優勝してるけど、エスパは何もないでしょ」と馬鹿にされてるわけですが、今のこの状況だとなんだか過去の栄光にしがみついてるだけという感じがしてしまいます。真ん中の天秤も本来は「磐田はタイトルが一杯で重たいんだぞ」と言いたいんでしょうが、これも落ちていくだけというのを端的に表しているように見えてしまいました。ただ、これはエスパ側にも言えることですが、せっかくお金と時間をかけて作るんだったら、もっと自分のチームを鼓舞するような横断幕やゲーフラを作ればいいのになと思ってしまいます。


04100205.jpg

磐田名物のハーフタイムにバックスタンドに掲げられるビッグフラッグです。ヤマハスタジアムの傾斜のあるスタンドだと迫力がありますが、エコパのスタンドだと今ひとつのような気がしました。


04100206.jpg

何も言うことはありません。勝利です!

選手が挨拶に来たときの写真も撮ったんですが、興奮状態で撮ったせいか見事に全てぶれまくりでした(涙)。ナイトゲームの撮影の難しさを実感した試合でもありました。

|

« 同じ勝ち点3でも… | Main | イチロー、262安打でシーズン終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/1584760

Listed below are links to weblogs that reference ダービー写真日記:

« 同じ勝ち点3でも… | Main | イチロー、262安打でシーズン終了 »