« 希望への光 | Main | 悲しいなぁ… »

2004.10.31

寝坊から始まった1日

昨日の名古屋戦は内容のよくない試合で連敗したあとの一戦ということもあり、個人的にはとても気合が入り、いつものように早起きして小田急と東海道線を乗り継いで行くつもりだったんですが、見事に寝坊してしまいました(苦笑)。自分で言うのも変なんですが、僕は普段からあまり寝坊をしないタイプで、目覚ましをセットしても鳴る前におきてしまうくらいだったんですが、木曜日の夜は会社の先輩の送別会で徹夜、金曜もかなり遅くまで仕事をしていて布団に入ったのが夜中の3時を回るなど、睡眠不足だったのが敗因だったようです。

それはともかく、友人からの電話で起きたのはすでに10時近く。寝ぼけた頭で考えたところ、キックオフには間に合わないと一瞬思ったんですが、きちんと目を覚まして考え直してみたら新幹線を使えば余裕で間に合うことに気づき、最低限の身支度だけをして家を飛び出ました。

東京~静岡の全区間で新幹線を使うと片道6000円近くなってしまい、普段の往復に匹敵する値段になってしまうのでそれは避けたいと思い、都心に出る西武線の中で少しでも安く上げるために新幹線を使う区間を短くすることを考えた結果、出た結論が小田原まで小田急のロマンスカーを使い、そこから新幹線に乗り換える方法でした。携帯で時刻を調べたところ、都合いい時間帯にロマンスカーがあったのでそれに乗り、小田原で新幹線に乗り換えれば14時過ぎには日本平につくことが分かり、そのルートで日本平に向かったんですが、普段の鈍行での時間間隔になれている僕にとっては早く着きすぎるなという感じでした。新幹線の車内でビールをのんびり飲んでいたんですが、ふと車窓に目をやると清水駅前の西友が見え、慌てて飲み干したくらいでしたから。

そんなこんなで日本平に着くと、まず目に入ったのが新潟県中越地震の被害者への募金活動でした。僕も気持ちばかり協力してからスタンドに上がると半旗が掲揚されています。これはJリーグ全てのスタジアムで行われたとの事で地域密着を目指しているJリーグならではといえるのではないでしょうか。昨日行われる予定だった新潟×柏が延期しての国立開催を余儀なくされるなど、いまだに新潟スタジアムでの試合開催のめどの立たない状況ですが、それが1日も早く好転することを願ってやみません。

そして試合へとなるんですが、この日は前節のヴェルディ戦でのふがいない戦いぶりに対し、よりいっそうの奮起を促す為ということで試合前の応援は選手がピッチに出てきたときのエスパルスコールのみで、アップ中の応援はなしというスタイルでした。僕の場合、このアップ中の応援で試合に向けた気分を盛り上げるという部分があったんですが、なければないでアップ中の選手の表情をじっくり見ることができましたし、そういう方法もいいのかもと感じました。またエスパルスコールのとき、2階自由席の中央の通路のところに大きな横断幕が出ていたようですが、残念ながら見ることが出来ませんでした。

試合内容は昨日の観戦記でも書いたので省略しますが、今日の新聞を見るとシュート数が名古屋を上回っていたんですね。今ひとつだった前半も同数だったのには驚きでしたが、ジェジンの放ったシュート6本全てが枠に飛んでいたというのも驚きです。たとえGK正面でもシュートは枠に飛べば、GKがファンブルしてくれるかもしれないわけですし、重要なことではないでしょうか。

結果的に負けてしまったわけですが、後半の出来がよかったこともあり、それほど嫌な気分にならずに帰路につけた試合だったと思います。ただ、「勝ち」という結果を残せなかったことは大きな不満で、特にJ2降格の危機にある今はなおさらです。早くJ1残留を確定し、胃の痛くなる思いで試合を見なくてもいいようになって欲しいです。

|

« 希望への光 | Main | 悲しいなぁ… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/1821825

Listed below are links to weblogs that reference 寝坊から始まった1日:

» 敵状視察 ホーム 清水戦 [與野レッズBlog]
気持ちを切り替えて、リーグ制覇に向けたファイナルファイブの2試合目。エスパルス戦 [Read More]

Tracked on 2004.11.04 at 12:56 PM

« 希望への光 | Main | 悲しいなぁ… »