« そして名古屋戦 | Main | 寝坊から始まった1日 »

2004.10.31

希望への光

新潟県中越地震の被害者への哀悼の意を込めて半旗が掲揚され、試合前には黙祷が捧げられる中で行われた今日の名古屋戦。前半と後半で全く違ったチームが戦っていたような内容でした。

前半は簡単なミスでボールを失ったり、1対1の競り合いでは弱さが目立つなど今ひとつの出来でしたが、対する名古屋も中盤でクライトンが走り回ってゲームメイクをするものの全般的には丁重な出来でエスパルスにもつけいる隙はありましたが得点には至らず、逆に前半終了間際にセットプレーからなぜかゴール前でフリーになっていたマルケスに決められて嫌な感じで前半を終えました。

久保山に代えてノボリを投入して迎えた後半も開始直後にマルケスにゴールを許し、先週のヴェルディ戦の悪夢が再び繰り広げられるのかと悪い予感が漂いましたが、この後は選手の気持ちが入ったプレーが随所に見られ、前半とは全く違うサッカーになってきました。そして、アラウージョが入るとその動きに名古屋DF陣が崩れはじめた15分頃、ノボリがするするとDFラインの裏に抜け出してGK楢崎もかわして12年連続となるゴールを決めて1点差に迫りました。さらにこの後、アラウージョがペナルティエリア内で倒され、PKかと思われるプレーがありましたが、ファールを取ってもらえない不運もありながらも、西部を中心としたディフェンス陣が耐えて待望の同点ゴールを待ちましたが、最後までそれはかなわず1-2のまま試合を終えることになりました。

今日の試合は今のJリーグの審判の中でも最も評判のいい吉田氏が主審ということで、判定に泣かされることはないかなと思っていたんですが、アラウージョの判定などエスパルスサポーターにとってはストレスの溜まる判定が多いように感じました。このプレーに対して文句を言ってしまったジェジンにはあっさりと警告が出たのに対し、名古屋のクライトンがしつこく文句を言っているのには何も出ないなど変だなと感じる場面がいくつかあったのも気になりました。

今日の敗戦で3連敗となり、年間順位も14位に下げいよいよ崖っぷちに立たされることになりましたが、ダービー以降の試合の中でも最も試合内容はよかったと思います。アラウージョははっきりと復調が感じられ、ジェジンが出場停止の浦和戦ではスタメン復帰できる状況になりましたし、西部も新潟戦の一件以来、失点が増えている中でもファインプレーを続けて必要以上の失点を防いでいるなど、次に向けた希望を確かに感じられた試合でした。

次節は首位を走る浦和との一戦です。今の実力差を考えれば劣勢に立たされることが容易に想像がつきますが、浦和は水曜日にナビスコカップ決勝戦を戦いますし、日程面では有利なことは確かです。これをいいハンデとして生かして21世紀初の埼玉県内での勝利を目指し、この1週間しっかりと準備をして臨んでほしいです。

|

« そして名古屋戦 | Main | 寝坊から始まった1日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/1815797

Listed below are links to weblogs that reference 希望への光:

« そして名古屋戦 | Main | 寝坊から始まった1日 »