« 惨敗 | Main | がんばれ、新潟! »

2004.10.24

何もできなかった90分間

あのJAL's Match以来の国立開催となった昨日のヴェルディ戦。これまで比較的相性のよかった国立で今度こそは好ゲームが見たいと期待したんですが、結果は1年前以上の惨敗となってしまいました。

もう試合開始から試合終了まで一貫してヴェルディペースで、エスパルスは手も足も出なかったといっても過言ではありませんでした。ボールを持っても攻撃に迫力が全く感じられませんでしたし、いったんボールを失うとほとんど全員がボールウォッチャーになってしまい、相手が攻めあがっていくのを簡単にやり過ごした挙句、あわてて後ろからタックルに入り、ファールをとられるということの繰り返しでした。これではカードの枚数も増えますし、森岡が退場になってしまうのも当然の結果でしょう。しかも、この悪い局面を何とかして打開しようという気持ちも僕には伝わってきませんでした。こんな状況では0-4という結果は当然でしたし、もっと点取られていても不思議のない試合でした。日刊スポーツの記事によるとヴェルディのほうは記録ラッシュだったそうで、そりゃシュート30本も打たれればなという感じです。

今シーズンこれまでも大差で敗れた試合は何試合かありました。しかし、それらの試合でも何かしら収穫もありましたが、昨日の試合に関しては明るい材料は全くなく、これからのエスパルスの先行きに対する不安ばかりが残ってしまいました。そうなると考えてしまうのはJ2降格のことになってしまうんですが、残り5試合で現在最下位のセレッソとの勝ち点差は8。エスパルスが全敗したとすると、セレッソは直接対決以外を2勝2敗で乗り切れば勝ち点でエスパルスを上回る計算となり、全く油断できない差です。また、エスパルスとの勝ち点差が5の年間15位の柏との直接対決も残しており、確実に残留するためには少なくともこの2チームには引き分け以上の結果が求められることになりそうです。

昨日の国立は肌寒く、普通の状況であれば冷たいビールを飲みたいとはそれほど思わない気候だったんですが、あまりの試合の寒さに我慢しきれず、ついビールに手を出してしまい、おかげですっかり体調を崩してしまいました。第2試合の日テレベレーザ×宝塚バニーズも楽しみにしていたんですが、前半20分で4-0と一方的な試合になってしまったこともあり、早々に切り上げてしまいました。最近、何かとストレスがたまり気味でサッカーでそれを少しでも晴らせればなと思っていたんですが、むしろ逆効果となってしまいました。これまではまだ賞金圏内の可能性がなんて書いてきましたが、さすがに昨日の試合を見てしまってはそんなことは言えなくなってしまいましたし、何とかJ2降格という最悪の事態にだけはならないように応援を続けなければなと思っています。

|

« 惨敗 | Main | がんばれ、新潟! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/1762150

Listed below are links to weblogs that reference 何もできなかった90分間:

« 惨敗 | Main | がんばれ、新潟! »