« 心地よい疲れ | Main | ダービー写真日記 »

2004.10.03

同じ勝ち点3でも…

両チームが10位以下に沈むという寂しい状況下で行われた今回のダービーでしたが、無理やりにでも生観戦してよかったと思える試合となりました。

試合開始からペースをつかんだのはエスパルスでした。全体的に運動量の少ない磐田に対し、エスパルスはサイドからの攻撃を仕掛けますが、いつもと同じようにクロスの精度が今ひとつでシュートまで持ち込めません。対する磐田はエスパルスのミスから比較的高い位置でボールを奪い、パスを回してエスパルス陣内へと攻め込もうとするのですが、そのスピードが遅く、また第3の動きがないこともあってチャンスは数える程度しかありませんでした。そのチャンスも河村が流し込むだけという決定的なシュートをゴールマウスのはるか上に蹴り上げるなど、0-0のままで前半を終えたとはいえ、エスパルスにツキがあるなと思わせる試合展開となりました。

しかし、先制したのは磐田でした。戸田の不用意なバックパスを成岡が奪い、そのままシュート。一度は西部がはじくもののこぼれたところに詰めたグラウが冷静に切り返してシュートを決め、エスパルスは追う展開となりました。この直後にもCKからグラウがヘディングシュートを放ちますが、これが枠のわずか外に外れるツキのよさもまだ残っており、このあたりからエスパルスの反撃ムードが俄然高まります。ここのところ周りとのコンビネーションが今ひとつのアラウージョに代わり平松が入った直後、太田からのクロスをどんぴしゃのタイミングでジェジンが合わせ、同点に追いつきます。さらに40分過ぎには最後方にいたテルがワンツーを繰り返しながら左サイドの裏へ飛び出しシュート。これをジェジンが押し込み逆転。この後は何としてでも同点には追いつきたい磐田の猛攻を浴びますが、最後まで守りきり、劇的な逆転勝利を果たしました。

相変わらずのミスからの失点を喫したりと必ずしもいいとは言えない試合でしたが、ダービーに限ってはそんなことより勝ったということで全てOKです。リーグ戦の数字では他の試合と同じ勝ち点3ですが、気分的には全く違いますし。選手たちもそれをよく分かっていますから、気合の入り方はいつもとは全く違い、それが僕たちサポーターにもとてもよく伝わってきました。ここでアウェー100勝、ノボリの350試合出場となったのも偶然ではないような気もしますし、これからもこの数字を着実に伸ばしていき、それとともに強く面白いエスパルスが見られるようになって欲しいです。

一方の磐田ですが、どうしちゃったんだろうというのが正直な感想です。全盛期の磐田ならボールを奪ったら全員が連動して動いて流れるようなパス回してあっという間に相手ゴールに襲い掛かっていましたが、昨日の磐田はそういった動きが少なく常にパスコースを探しながらプレーしていて攻撃に怖さをあまり感じませんでした。今日、柏が勝ったためセカンドステージ最下位に転落してしまいましたが、磐田の苦悩はしばらく続いてしまうのではないでしょうか。

これで2000年以来となるホーム&アウェー両方での勝利となりましたが、ファーストステージの時には次のセレッソ戦を落としたしまったことで最後まで波に乗り切れないままとなってしまいました。つまり、大切なのは次の試合です。次の相手市原は昨日の浦和戦こそ0-4と惨敗でしたが、それでも4位につけている強豪ですし、エスパルスの実力を測るには格好の相手です。ここで内容のある試合で勝つことによって浮上の足がかりにしてほしいところです。

|

« 心地よい疲れ | Main | ダービー写真日記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/1583201

Listed below are links to weblogs that reference 同じ勝ち点3でも…:

» 2nd 第8節 静岡ダービー 関連記事 [ぱるるアンテナ]
2004年 2nd 第8節 清水エスパルス vs ジュビロ磐田 | エコパ ■関連記事まとめ [Read More]

Tracked on 2004.10.04 at 03:37 AM

« 心地よい疲れ | Main | ダービー写真日記 »