« 夢かなわず | Main | 味スタでの出来事 »

2004.09.05

スコア以上の完敗

昨日行われたナビスコカップ準々決勝ヴェルディ戦はチョジェジンの来日初ゴールとなる見事なミドルシュートで先制しましたが、終始押し気味に試合を進めたヴェルディが延長Vゴールの末、2-1と逆転勝利で準決勝に駒を進め、エスパルスはあと一歩のところで賞金獲得を逃してしまいました。

試合を振り返ってみると、エスパルスが攻勢だったのは後半最後の10分間だけで、あとはヴェルディペースでした。ヴェルディは攻めては1タッチ、2タッチでボールをテンポよく回してエスパルスのDFを崩し、両サイドからクロスを上げてフィニッシュに持っていっていました。また、守ってはエスパルスの選手がボールを持つと近くの選手がプレスを掛けるということを繰り返し、たまらずエスパルスの選手がミスをしたところでボールを奪っていました。これはまさにエスパルスのやりたいサッカーなのではないでしょうか?それをアルディレスにやられてしまったのは正直かなり悔しかったです。

初スタメンとなったチョジェジンですが、ゴールが決まったミドルシュートはもちろん文句なしでしたが、1試合を通してみてもまずまずの出来だったと思います。後方からのフィードでもかなりの確率で競り勝てていましたし、周りとのコンビネーションが熟成されていけばポストプレーヤーとしてもかなり活躍できそうな気がしました。途中出場だった北嶋もこのままではベンチに追いやられてしまう可能性も高いだけにうかうかしてられないでしょう。

一方、チョ以外は今ひとつの出来だった選手が多かったです。西部はゴールキックをミスしすぎでいくら90分を1点に抑えたとは言ってもGKから攻撃を組み立てていかなければならない今のサッカーではかなり厳しいでしょう。また、市川の左サイドもちょっと厳しいかなと思いました。何度か前にスペースがある状況でボールをもらい、いいクロスが上がればチャンスだというシーンでも、左足のキックの自信がないのか右に持ち替えてしまい、その間にヴェルディの選手に詰められてボールを失ってしまうということが多く、やはり右で使えないものかと思ってしまいました。逆に太田は左でも使えるわけですし、3バックも含めて左右をきれいに入れ替えてしまうというのも1つの打開策なような気がします。

結果を見ればVゴール負けということでかなり悔しさが残る形になりましたが、試合内容を振り返れば完全な負け試合でした。帰りのバスで乗り合わせたヴェルディサポも「今日の試合なら5点くらい取らなきゃ」というようなことを話していましたが、その通りだと思います。ただ、ヴェルディの攻撃が正確性を欠いたものだったというのも確かですが、それだけ押されていても90分を1点に抑えられたのはDF陣に出場停止やけが人を抱えて、決してベストメンバーではなかったことを考えても数少ない光明だったのではないでしょうか。

|

« 夢かなわず | Main | 味スタでの出来事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/1363041

Listed below are links to weblogs that reference スコア以上の完敗:

« 夢かなわず | Main | 味スタでの出来事 »