« 後味の悪い敗戦 | Main | オマーン戦への代表発表 »

2004.09.28

ブルーウェーブ、ラストゲーム

サッカーネタではありませんが、今日だけはすみません。

阪急時代から続いてきたパ・リーグで最も伝統あるチームの歴史がついに終わるときがやってきてしまいました。書類的にはブルーウェーブがバファローズを吸収したということになっていますが、バファローズというチーム名が残る以上、僕にとってはブルーウェーブが吸収されたように感じてしまいます。

そして、今日がブルーウェーブとしてのラストゲームとなったわけですが、その区切りの試合を勝利という形で終えたということを知ったときには思わず涙が出てしまいました。ここ数年は仕事の休みの関係でほとんど観戦できませんでしたが、子供の頃の西宮球場、そして東京に出てきてからの東京ドーム、西武球場、千葉マリンスタジアムでの光景が今でも目に浮かぶようです。

僕としては同じ関西のライバルチームだったバファローズという名前が付くチームを応援する気にはなれませんが、新球団の監督に両チームでの監督経験がある仰木氏が就任することが濃厚になったというのは両チームを結ぶ架け橋となれる唯一の人材だと思いますし、いい決定だったと思います。僕としてはちょっと距離を置いて見ていくつもりですが、新球団がいろんな意味でうまくいくことを願っています。

ありがとう、ブレーブス&ブルーウェーブ。

|

« 後味の悪い敗戦 | Main | オマーン戦への代表発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/1538190

Listed below are links to weblogs that reference ブルーウェーブ、ラストゲーム:

» イチローすごい [so-on]
◆長期安定が真の実力-4季安打、イチロー2位に  シーズン最多安打記録が生まれた [Read More]

Tracked on 2004.11.13 at 10:08 AM

« 後味の悪い敗戦 | Main | オマーン戦への代表発表 »