« 4バックを崩せるか | Main | 市川、左膝半月板損傷で全治6週間 »

2004.09.23

守りきって勝ち点1

祝日の関係でいつもより日程が詰まった中で行われた今日の鹿島戦でしたが、両チームともに最後まで得点を挙げることができず、0-0のスコアレスドローで勝ち点1を分け合う結果に終わりました。

立ち上がりこそ鈴木や新井場の速さに攻め込まれるシーンもありましたが、中盤以降はエスパルスがペースを握り、アラウージョ、ジェジンの2トップに太田、純平の両サイドが絡み惜しいシーンも何度もありましたが、最後のフィニッシュが決まらず、無得点で前半を終えます。鹿島は磐田戦の4失点が影響しているのか鈴木、中島の2トップと新井場以外はそれほど上がってこず、まずは守備をしっかりとというような意図を感じ、このままなら後半もチャンスは生まれるだろうし、その中から先に点を取れれば勝てるかなと思っていました。

しかし、後半に入ると流れは一転し、鹿島ペースになります。前半の3人に加え中田も積極的に攻撃参加してくるようになると、エスパルスは鹿島の攻撃に対する対処で精一杯になり、攻撃は完全に2トップの個人技頼みになってしまい、波状攻撃を仕掛けることができなくなります。そんな悪い流れでしたが、リーグ最少失点を誇るエスパルスDF陣は今日も安定した守備を見せてくれました。崩される場面もありましたが、そんなときでもしっかりカバーリングができていましたし、前節自らのキックミスから失点を喫してしまったGK西部もファインセーブを連発し、ピンチを守っていました。そんなディフェンスの頑張りに得点という形で応えたかった攻撃陣でしたが、最後まで得点を挙げることができず、結局スコアレスドローという結果に終わりました。

エスパルスにとってはディフェンスの良さを再確認できたのは収穫でしたが、攻撃面の課題は依然として残ったままとなりました。ただ、大分戦に比べればプレスもしっかりかけに行けていましたし、今日のサッカーを維持しつつ攻撃面でもう一工夫できればいい形から得点を挙げられそうな気もしました。また、主審が高山氏ということで一気にカードが貯まるのではないかと危惧していましたが、昇平の1枚だけですんだのも十分すぎる収穫でしょう。次節は戸田も出場停止から復帰しますし、今度こそ得点を挙げて勝ち点3を獲得して欲しいです。

|

« 4バックを崩せるか | Main | 市川、左膝半月板損傷で全治6週間 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/1505830

Listed below are links to weblogs that reference 守りきって勝ち点1:

» 2nd 第6節 鹿島戦 関連記事 [ぱるるアンテナ]
2004年 2nd 第6節 清水エスパルス vs 鹿島アントラーズ | 鹿スタ ■関連記事まとめ [Read More]

Tracked on 2004.09.26 at 03:08 AM

« 4バックを崩せるか | Main | 市川、左膝半月板損傷で全治6週間 »