« 日本五輪代表×ベネズエラ代表 | Main | スペイン強豪チームの親善試合 »

2004.08.01

日本×ヨルダン

アジアカップもいよいよ決勝トーナメントに突入です。日本はヨルダンと対戦し、1-1のままPK戦にもつれこみましたが、4-3でPK戦を制して準決勝に進出しました。準決勝は3日にバーレーンと対戦します。

120分間の試合全体からするとヨルダンの方がボールキープ率も高く、攻めてる時間は長かったですが、決定機の数ではむしろ日本の方が多かったように感じました。それを1つでも決めていれば全く違った試合になっていたかもしれないなと思います。

そして、この試合のメーンイベントとなったPK戦は見ごたえがあるというか面白かったです。まず、途中でサイドが変わったPK戦は僕のサッカー観戦暦の中でも初めてでした。PK戦とサイドとのかかわりというと思い出すのが96年のナビスコカップ決勝が思い出されますが、あの時は主審のモットラム氏がエスパルス側の方が観客が多いということでレギュレーションとは逆のサイドで行うことを指示しましたが、それはPK戦の最初からであって今回とはまた違いますし、今回の事件は前代未聞と言っていいと思います。

そして、そのサイド変更をきっかけに調子に乗れたのが川口でした。ヨルダンの4人目のキッカーのシュートを止めると、外してしまった5人目をはさんで6人目も止め、最後の選手に本当にゴールの端に蹴らないと止められるというプレッシャーを与え、そしてその結果がPK失敗とそれによる日本の勝利に繋がりました。

この大会が始まるまで日本代表の正GKは楢崎という時代が長く続き、川口は海外移籍以降、代表に呼ばれないことも多くなり、メディアへの露出が減っていたこともあって地味な存在になっていましたが、ワールドカップ予選のインド戦で久々にその姿をみたとき、とても楽しそうないい顔をしていてまだまだ健在だなと安心したものです。あまりメンバーを変えないジーコ監督ということもあってそれ以降の全ての試合でゴールマウスを守っていますが、以前と比べても安定感が非常に増していますし、今後の日本代表のGK争いは面白くなりそうで楽しみが増えました。

|

« 日本五輪代表×ベネズエラ代表 | Main | スペイン強豪チームの親善試合 »

Comments

Each body is various and has its personal good tuning. She may marry an "older man" just to get out of the abusive home. Keep your sex life from becoming boring by attempting various issues with him.

Posted by: san diego std testing | 2014.06.04 at 02:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/1097665

Listed below are links to weblogs that reference 日本×ヨルダン:

« 日本五輪代表×ベネズエラ代表 | Main | スペイン強豪チームの親善試合 »