« ようやく大分戦初勝利 | Main | 中田、フィオレンティーナ移籍 »

2004.07.18

今からでも行ける大分遠征?

エスパルスは昨日の試合の結果、24日のアウェー大分戦にナビスコカップ決勝トーナメント進出の可能性をかけることになりました。そこで、急に大分に行きたくなった人のために(自分が行きたくなっただけというのはこの際置いておきます(爆))、いろいろ調べてみました。ただ、僕が首都圏在住なため、首都圏発着の情報になってしまいますが、うまく使えば静岡からでも利用できるかもしれません。今現在でオフィシャルのツアーはすでに満席で締め切り、そして試合がナイトゲームのため日帰りは不可能、さらに夏休み期間に入ってしまうので、交通機関の割引設定が比較的少なく、日程的に余裕がないとかなりの出費を強いられそうです。

まず、もっともスタンダードな手段としては飛行機での往復でしょう。試合当日のJAL便は羽田発8:05(9:35着)、9:45発(11:15着)、11:35発(13:05着)あたりが使えるでしょうか。帰りは翌日ですので、8:25、10:25、12:05、13:55、16:45、18:20のお好きなお時間でというところです。ただ、料金は最も安いe割で片道26,950円とやはりお高めで、これで往復するとホテル代も入れると60,000円以上の予算となってしまいます。ANAはエスパルスサポとして使えないので、調べていませんがおそらく同じ状況でしょう。

そこで、これをどこまで安くできるかです。最も簡単な方法としては旅行会社のツアーが挙げられますが、大体の場合、10日前までに申し込まなければならないのでこれは使えません。となると、飛行機をあきらめて別の交通手段でということになり、真っ先にあがるのは新幹線となります。この場合だと東京駅から「のぞみ」で小倉まで行き、そこで日豊本線の特急「ソニック」に乗り換えて大分へという経路になります。料金面では東京(都区内)~大分の乗車券が14,280円、「のぞみ」の自由席特急券が7,770円、「ソニック」の自由席特急券が乗り継ぎ割引で680円となり、トータルで片道22,730円、往復で45,460円となります。飛行機よりは8,000円ほど割安ですが、トータル予算ではまだ50,000円を上回ってしまい、かかる時間を考えるとあまり現実的ではありません。

続いては高速バスでしょうか。この場合は新宿高速バスターミナルから21:00発の福岡行き「はかた」号に乗り、博多駅交通センターまたは西鉄天神バスセンターで大分行きのバスに乗り換えです。ちなみに、九州の高速バス網はかなり発達していて福岡~大分も20~30分おきと東海道線よりちょっと間隔が長い程度でとても使いやすくなっています。この場合だと「はかた」号が往復27,000円(片道15,000円)、福岡~大分が往復5,500円(片道3,100円)でトータル32,500円となり、宿代込みで予算40,000円程度と少し値ごろ感が出てきました。ただ、これで往復した場合、新宿に戻ってくるのが月曜日の朝9:30頃になってしまい、会社勤めの人にはちょっと厳しいのが難点です。

そして、恐らく最安となるのがご存知「青春18きっぷ」でしょう。これだと往復の交通費は11,500円で済み、宿代込みでも20,000円あれば往復できるのでとてもリーズナブルですが、かかる時間は莫大です。しかし、その時間と体力が許すならこれ以上の遠征手段はありませんし、ちょっと調べてみました。まずは行きからです。出発は金曜日(試合前日)の午前中です。

東京11:03(普通)13:13沼津14:00(普通)16:45豊橋17:03(新快速)19:18米原19:24(新快速)20:15京都21:33(快速ムーンライト九州)6:13小倉8:12(普通)9:24中津9:51(普通)11:26大分

この行程では沼津で昼食、京都で夕食休憩を取り、夜行列車明けの小倉では朝食休憩+αを取っています。18きっぷの旅は想像以上に体力を使いますので、しっかり食事休憩を取らなければなりません。最悪東京13:33の快速アクティーでもムーンライト九州には間に合いますが、お勧めはしません。次は帰りです。出発は日曜日(試合翌日)の早朝です。

大分5:39(普通)6:47柳ヶ浦6:49(普通)8:22門司8:25(普通)8:31下関9:30(快速シティーライナー)16:04岡山17:21(普通)18:24相生18:35(新快速)21:20米原21:24(普通)22:05大垣23:19(快速ムーンライトながら)4:42東京

こちらは下関で朝食、岡山で夕食休憩を取り、大垣では夜行列車前に買出しをする時間を取りました。昼食は下関~岡山の車中となりますが、月曜日の朝には東京に着けますので、土・日休みの方は金曜日の休みさえ取れればこの行程が可能となります。ただ、これだけ乗ってしまうとかなり体力を消耗していますので月曜日は仕事にならないでしょうが、月曜朝に東京に帰ってこられるという例を挙げました。

自分でも何やってるんだろうと調べながら思いましたが、旅行も好きな僕にとってはこういうのを調べるのが楽しいのもまた事実なんですよね。こんな遠征できたらいいなとは思いましたが、僕の場合、仕事もあるので実行不可能なのが残念です。学生時代ならもうちょっと余裕のあるプランを立てて間違いなく実行してたんですけどね…。でも、9月のリーグ戦のアウェー大分遠征は遅めの夏休みとして参戦計画を練っています。

|

« ようやく大分戦初勝利 | Main | 中田、フィオレンティーナ移籍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/998567

Listed below are links to weblogs that reference 今からでも行ける大分遠征?:

« ようやく大分戦初勝利 | Main | 中田、フィオレンティーナ移籍 »