« 日本平を満員に! | Main | 日本代表メンバー発表 »

2004.07.14

日本×セルビア・モンテネグロ

スコアこそ1-0でしたが、両チームともが攻撃的なサッカーを展開する予想以上に面白い試合でした。

日本は中村を中心にボランチの遠藤と福西、さらに時折ディフェンダーの中澤までもが攻撃に参加し、以前よりも分厚く、バリエーション豊かな攻撃を見られるようになりました。得点シーンも福西のスルーパスを鈴木がはたいたところに遠藤が走り込んでの形でしたし、人数をかけての攻撃が形になってきたなという印象を受けました。以前から指摘されているボールに関係ないところでの運動量不足も、テレビで見える範囲内では徐々に解消してきたと思います。ただ、ホームゲームだったこと、相手のセルビア・モンテネグロが過酷日程でコンディションを落としていたことを考えるとある程度差し引いて考えなければいけないでしょう。

そのセルビア・モンテネグロですが、日曜日に酷暑の福岡で試合をしてから中1日での試合ということで、コンディションが今ひとつだったのが残念ですが、それでも多彩な攻撃で押し込む時間帯もありましたし、もっといいコンディションだったらもっと面白い試合になっていたのではないでしょうか。

ただ、試合後の報道でジーコ初タイトルという言葉や文字をあちらこちらで見たり聞いたりしましたが、このキリンカップをタイトルと言っていいんでしょうか?はっきり言ってキリンカップは3国の親善試合の集合体を1つの大会にしたもので、それはエスパルス、磐田、名古屋の3チームで何回か行われた東海チャンピオンシップと同じようなものですし、これでタイトルタイトルという報道にはかなりの違和感を感じました。もちろん、現場の選手、スタッフはそんなことは分かってるでしょうから、次のアジアカップで本当の「タイトル」を持って帰ってきて欲しいです。

あと、試合終了直後、アレックスがピッチにしゃがみ込んで大泣きしていましたが、祖母を亡くされての試合だったそうです。試合中はそんなことは微塵も感じさせず、これまでの代表でのゲームの中でもかなりの高パフォーマンスでした。きっといつもより集中していて、それが試合終了のホイッスルで一気に切れて涙が止まらなくなってしまったのでしょう。心よりご冥福をお祈りいたします。

|

« 日本平を満員に! | Main | 日本代表メンバー発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22491/964800

Listed below are links to weblogs that reference 日本×セルビア・モンテネグロ:

« 日本平を満員に! | Main | 日本代表メンバー発表 »